Sabaidee!! from Laos
Happy Smile Tour in Laos ★★ 癒しの国ラオスから、とれたての現地情報をお届けします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラープピザ

ラオス料理の代表格「ラープ」

細かく刻んだお肉やお魚を、
香草やレモングラスと一緒に炒めた料理。

ラオスに旅行される方なら一度は召し上がる、
あるいは目にされるのではないでしょうか。

それほどメジャーなラオス料理なのですが、、、

 
この日、私が遭遇したのは「ラープピザ」@ルアンパバン “カムスパ&レストラン”


すなわち、

「ピザ生地の上にラープのせてチーズかけて焼いちゃった」料理。


そのまんまですやん。




見た目もそのまんま…。
でも、ラープとチーズとピザ生地の組み合わせが
合うのか否か、全く想像がつきません。

冗談半分でオーダーしてみたはいいけど
果たして美味しいのでしょうか??



恐る恐る口にしてみると…


なにこれ、最高においしい!!!!!!!!!!!!

香草とチーズの味と香りが絶妙にマッチしてます。


ラープとチーズって合うんですね!
正直期待していなかっただけに、感激でした。


食わず嫌いってよくないですね。
これからもどんどん挑戦しようと思います♪


スポンサーサイト

Lao Central Airline
先日、世界遺産の街 ルアンパバンへ行く機会がありました。

ので、乗ってみました

“ Lao Central Airline ”



ラオスの銀行、ポンサワンバンク系列の航空会社。

今年からビエンチャン-バンコク、
ビエンチャン-ルアンパバン間にて
運航が始まったのですが、乗ったことがなかったのです。


乗る前は結構、どきどき、わくわく。

黄色の機体もかわいらしいし、
CAのお姉さんたちの笑顔もすてきー。


いよいよ離陸!
ってところで、わたしは爆睡・・・・。

記念すべき離陸の瞬間だったのにー。
前日にもっとたくさん寝とけばよかった。
反省。


でも、ちゃんと機内食のときには起きました。
といっても、隣のおばちゃんが起こしてくれたんですが。


何より良かったのが、飛行中の天気が良かったこと。
あんまり飛行機が好きではない私ですが、

この日は窓の外に広がる景色に癒されました。


飛行機って、人間の夢が詰まった乗り物だなー

と思った、約40分間の快適な空の旅でした。

20120824154052-348.jpg

※もちろん“機内モード”で撮影中
ノンカイ
日帰りで国境越えのできる街、ビエンチャン。
週末になると、イミグレーションが車とラオス人でごった返す…。

彼らの目的地は、タイの地方都市、ノンカイ。
こちらビエンチャンに住む人々にとって、
定番のおでかけスポットなんです。


ということで、この日はラオス人スタッフ二人を連れて
ノンカイまでお出かけしてみることにしました。

なんか現代っ子っぽい。うきうき(笑)


朝10:00にタラートサオバスターミナル集合予定。
が、9:15 スタッフから着信アリ。

「もう着きまシターー」

ラオスの現代っ子、おそるべし。

もちろん準備のできていない私は10:00ジャストに
バスターミナルに滑り込みました。

45分待たせたスタッフと合流…なんかいつもよりお洒落。
それはさておき、ローカルバス(日本製のきれいなバス)に乗り込み、揺られること約40分。
ラオス側のイミグレーションに到着。

ここで直接イミグレーションまで来たスタッフとも合流。
ん?やっぱなんかお洒落。

さすが、女子ですね。



週末にしては珍しくイミグレーションが空いており、
難なく出国審査をパス。

ここからまたバスに乗り込み友好橋を渡ります。
メコンという名の国境を越えて

4.jpg

ものの10分もたたぬうちにタイに到着。
入国審査をさっさと済ませて、今度はトゥクトゥクに乗って
目指せ、大型ショッピングセンター「Tesco Lotas」!



さあ、買い物するぞーってところで

「おなかすきましタ!KFC食べたいデスー」

2_20120820233551.jpg

はい、ふたり大興奮。

ラオスにはマックもKFCもないので、食べたいんですね。
かくいう私も久しぶりでした。


おなかを満たしたら、本来の目的、買い物。
店内は広く、明るく、商品の品揃えもいい。
日本みたい――――

3.jpg

はい、ここでまた興奮@パソコン売り場


こうしててすごいなーと思うのが
ラオス人はタイ語もしゃべれる、というか理解してるということです。
似ているのは分かるけど、なんで会話までできるんだろう…

と思って聞いてみたら、
ラオスのTV番組はほとんどタイの番組なので
TVを見ているうちに覚えられる、とのことです。

納得。みんなTV好きですもんね。

そんなタイ語のできる二人のおかげで無事買い物も終了。


せっかくなのでスタバでコーヒー飲もうか、と提案したら
スタバに入ったことがないとのこと。

5.jpg

はい、この日一番の興奮は「はじめてのスタバ」に決定。




楽しかったノンカイをあとに、ビエンチャンへ…


ただいま、というか、落ち着くって感じでした。



スタッフも

「タイはたのしいです。でもわたしは、ラオスがすきデス!」



うん、わたしもそんな感じです。



ご近所さん
ラオスで暮らすと、ご近所さんと仲良くなれます。


たとえば、自宅のお向かいの駄菓子屋さん。
もう私の名前をしっかり覚えてくれています。
すれ違うときは「サバイディー」。


たとえば、オフィスの隣のサンドイッチ屋さん。
ほぼ毎日コーヒーを買っているのですが、
ほぼ毎朝、私の顔を見ると「アイスコーヒー?」。


はじめは恥ずかしがって遠くから
じーっと物珍しそうに見つめてくるだけだったのに…

最近は、30mぐらい離れた場所から
たとえ車でいっぱいの交差点が間にあっても
何か話しかけて・・・いえ、叫んできます。

私がラオス語を話せないことなんてなんのその。
最初から最後まで、ラオス語。


でも、なんとなく嬉しい。


雨季で雨が降って、何かどんよりした気分で家を出ても、
ご近所さんに「サバイディーーーー」と言われると、
やっぱ今日もちょっと頑張っちゃおっかな、なんて、単純。


そんなこんなで、
ご近所さんに感謝している毎日です。



ただ、ちょっとだけ気になる。
オフィスの隣の赤ちゃん。
1歳に満たないのにとっても大きい…のは周知の事実。
だけど、ここ2ヶ月くらい体重を聞いても、常に

「11Kg」。


明らかに成長し続けてるんだけどなあ...


20120814081047-369.jpg

Ban Khuan

ラオスの朝ごはん。

カオニャオ、カオピヤック・セン、カオピヤック・カオ、カオチーパテ,,,

などなど、気になるメニューが多々ありますが。


今日、紹介するのは。

“バン・クアン”



米から作られたモッチモチの皮で
挽き肉を包んだこちらの料理。

ラオス人スタッフが美味しそ~に食べているのを何度か目撃し、
いつか食べてみよう食べてみよう、と思いながら○か月。

このままじゃいけない…
たぶん、きっと、ぜったい、食べ損なう…!

と焦る心が芽生えてきたので、
ついに今朝、ラオス人スタッフに場所を確認の上、
一人で買いに行ってみました。


「たくさん入っているのが、10000Kip
 少ないのが、5000Kip デスヨー」


と、指導を受けたので、
味が好みでなかった時のことも考えて
今日はとりあえず少ないの(写真)を買いました。


そのお味はといいますと。


かなり美味しかったです。


モチモチして、お肉の味もして、でも案外さっぱりして。
正直もっと濃い味を想像していたので、嬉しい驚きでした。



ごはんとお味噌汁の朝食も捨てがたいけど
このバン・クアンも捨てがたい…

そんなことを考えた朝のひと時でした。



肉食系ラオス
肉食系ラオス人にはたまらない!!!

ラオス風焼肉=シンダート

ここ、ビエンチャンには
シンダートを味わえるお店がたくさんあります。

中でもビエンチャンっ子に人気なのが
この日訪れた「ポイシアン」。

ビエンチャン中心街からちょっと離れた
ワッタイ国際空港の近くに位置する、民家・・・
というか、ハイソなラオス人の持ち家、
つまり豪邸のお庭をレストランとして利用しています。

この日は雨だったので(というか最近ずっと雨です)
屋根のある部分の席のみが利用可能・・・
いやー混んでました。
4名でいったけれども、席が空くまで待たされました。
次から予約は必須ですね。

20120807192621-321.jpg



それにしても広い!
そして暑い!


でも、シンダート仕様の鍋を囲み
焼きたてのお肉と、たっぷり野菜のスープを
味わっていると、暑さなんか忘れてしまいそう。

鍋中央の凸の部分でお肉を焼き、
周辺の凹の部分でスープをつくります。
これがたまらない美味しさなんです。

20120807194053-281.jpg


個人的に、付け合せの野菜も好きです。
なんとなくピクルスに似ています。


ラオスの人々のちょっとした贅沢。
ぜひみなさんにも味わって頂きたいですね!



雨季のラオスっ子
中学生のころ、雨が降った日は、合羽を着なければ
自転車に乗ってはいけない校則が大嫌いでした。

合羽って蒸し暑いし、なんかカッコ悪いし、
顔濡れるし、着るのめんどくさいし・・
なんて私の先入観を覆してくれた彼女。




今朝は雨が降っていたので、
バイク通勤の彼女は合羽を着て事務所前に登場。

ラオスで普通に売られている合羽は、
頭からスッポリかぶるポンチョ風。
着脱も楽々ですね。

こちら雨季のラオス人の定番スタイル。

この格好で朝から事務所の内外を
ちょこちょこちょこちょこ走り回るスタッフ・・・。

なんか小動物っぽい!!!!!!

かわいーなー、と朝から癒されたので
恥ずかしいと逃げる彼女をとっ捕まえて
無理やり写真を撮りました。

ほら、ちゃんとよくわかんないサルのマスクもして!


にっこり笑ってくれました。


以外に合羽も悪くないかもーーと思いましたが、
よく考えると、私の通勤手段はバイクではなく自転車。

朝から汗かくのやだな。。。

わがままな私は、合羽購入について
もう少し検討することとします。


敬遠されがちな雨季ですが、乾季とは別のラオスが見えて面白い。
日本の四季とは違うけれど、これはこれで、ラオスの季節感です。

メコン川

夕方のメコン川 in Vientiane

護岸工事をして以来すっかりきれいになったメコン川沿い。
ランニングをしたり、カップルが語り合ったり
ビエンチャン市民の憩いの場のひとつです。

対岸にはタイの建物も見えます。
目と鼻の先に国境があるなんて、、、
島国 日本で育った私には、なんだか信じられない景色です。

たった数100mの距離なのに、異国なんですね。 

国境があるから諍いも起こるけど
国境があるから守られるものもあるんだなー

なんて、とりとめもないことを考えながら
ぼーっとしてるうちに、日が沈んでいきます。


メコン川の傍に暮らすラオスの人々でさえ、
バイクを川沿いに停めて、沈み行く夕日を眺めていました。

生活の一部と化しているけれど、
やっぱりメコンって偉大。

そんなことを考えた、午後5時でした。




カオパンサー
2012年8月2日は何の日??

今日、ラオスは "カオパンサー〈入安居)" とよばれる祝日です。
陰暦8月の満月の日・・・そういえば昨日の月はきれいでした。
仏暦上、ラオスは今日から雨季に入るということです。

今日から約3ヶ月、お坊さんたちは
極力お寺から外出せず、修行に専念。

今日から約3ヶ月、結婚式や
各種パーティーは基本的に行われないそう。

…仏教行事とはいえ、ストイックですね。


そんなカオパンサーの朝、街では
大規模な托鉢が行わて・・・いたそうです。

昨日は「明日早起きして見に行ってみようかなー」
なんて気持ちもほんの少しあったのですが、
睡眠欲には勝てませんでした。


ということで、今日の托鉢の写真は残念ながらございませんが、
個人的に気に入っているルアンパバンの托鉢風景の写真を
掲載しておこうと思います。

Alms Giving 1


ちなみに、雨期明けの日を指す "オークパンサー(出安居)" ですが
今年は10月30日で、この日は灯篭流しがあるそう。

そっちは忘れずに撮影しようと思います!



ブログはじめました & 10周年おめでとう
2012年8月1日

★Happy Smile Tour Cambodia head office 10th anniversary★

おめでとうございます!


ラオス店より4歳年上のカンボジア店。
そんな兄貴分のカンボジア店に追いつけ追いこせっ

ということで、ラオス店、ブログ始めてみました。


ラオスに興味を持ってくださる皆さまの
お役に立てるような情報を発信していこうと思います。


とにもかくにも、カンボジア店、おめでとうございます。
いつもありがとうございます。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。